×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜タヌキの足跡の型をとろう!!〜

100612_1501~01.jpg

学校の森に放課後自然観察に行った。毎週土曜日になると生き物を探しに行くのだ。

100612_1444~01.jpg

すると後輩がタヌキの足跡を発見!!これはすごい!ということで、石膏で型を取ることにした。場所は季節によっては水たまりにもなる湿地の場所である。

100612_1511~01.jpg10000918577_s.jpgyu-suteroputeron.jpg

イラストはこちらから→http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5218/

その周辺にはカエルがたくさん飛んでいた。その中には尻尾がまだ完全になくなっていないのもいて、後輩がこれを見てイクチオステガのようだと言っていた。イクチオステガというのははるか昔魚類が陸に上がろうとヒレが進化して足になった右のようなヤツである。その進化の過程にはユーステノプテロンという生き物もいた気がする。

100612_1452~01.jpg

んで型をとる。10〜15分くらい待って落ち着いて取りだそう。4カ所に水で固めた石膏を流し込んだ。

100612_1539~01.jpg

型を取った後。爪の先まで非常にリアルにとれた。一度足跡を見つけたら是非やってみるといいよ。(できるか(#-_-)ピキ)タヌキは決まった場所に糞をするようだからタヌキの糞を見つけたらその近くに足跡があるかもね。

TOPへ