×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜体細胞分裂の観察〜

100605_1323~02.jpg

この実験をするには、タマネギを事前に水につけるなどしてはっコンさせておく必要がある。用意する物は、タマネギ、顕微鏡、酢酸カーミン溶液、プレパラート、酢酸、塩酸、ろ紙など。

100605_1359~01.jpg

実験に夢中でいろいろ写真撮るのを忘れてたwwwすいません。手順を書いていきます。まずはタマネギの根端から20mm位のところを切り、酢酸に10分から15分浸す。その後、60℃まで温めた塩酸に根端をつけて5分から10分浸す。(写真は銅の炎で熱している図)

100605_1411~01.jpg

浸しきったら根端から3mmのところをカッターなどで切り取り、酢酸カーミン溶液につけてまた5分間染色する。その後上からろ紙で静かに押しつぶす。(理科部へ:先生と一緒に実験することを推奨する。)

100605_1442~01.jpg

そして、あとはがんばって分裂している細胞を探す。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/print/p_saibou.html

ここで詳しく見て欲しい。染色体はまず赤道面(中央)に移動してから、両極に分かれるということを見て欲しい。

TOPへ