×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

〜バナナからDNAを取りだそう〜

3280.gif

生き物にはその生物ごとに設計図である遺伝子がある。その遺伝子の本体であるDNAをバナナから取り出してみよう、ということである。

 

ちなみに、バナナとかの果物っていい香りがするでしょ?それはこの左図のエチレンという物質によるものなんだ。

110224_1645_01.jpg

まずはバナナを3分の1位にしたものをすり潰す。すごくぐちゃぐちゃになるようにしつこく潰すようにしよう。

110224_1653_01.jpg

ここから、手早く作業を行うようにする。10パーセントの食塩水をすり潰したバナナに加えて、よくなじませる。そうしたら、ペーパーフィルターでその液をこす。

 

しかし俺たちはペーパーフィルターが無かったので脱脂綿を使って気合いでこしました。

110224_1657_01.jpg

こした液に食器用洗剤を小さじ1杯入れて、数回やさしくかき混ぜる。強く混ぜるとDNAの組織が崩れてしまうぞ。

110224_1715_01.jpg

そしたらその溶液の2,3倍の量のエタノールをガラス棒を伝わらせてゆっくりと入れる。そうした後、数分後にDNAが上の方に浮かんでくる。

110224_1728_01.jpg

分かるだろうか。ビーカーの上の方に白い糸みたいなのがうっすらとあります。これがDNAです。

 

原理の説明

食器用洗剤は界面活性剤という物質が含まれていてそれはDNAを覆っている細胞膜を溶出し、タンパク質の変性させる。そしてそこにエタノールを加えることでそれらが溶ける。DNAはエタノールに溶けないのでビーカーに浮上してくる。なお、食塩水はDNAを析出しやすくするために加える。

 

要はDNAを覆っているバリアを食器用洗剤で壊し、それをエタノールで溶かして、最後にエタノールに溶けないDNAのみが残る、ということである。

 

 

TOPへ